今まで嫌だった棒暗記も行って英語を苦手にならないように頑張りました・・・

人生初の中間試験まで英語のテストの準備に必死でがんばりました。

Be動詞との出会い、
戸惑いを感じながらも
そこから、僕は毎日苦しみながら、
英語の授業を受け続けることになりました。

 

「英語を苦手になってはいけない!」
そのように自分に言い聞かせ
毎日毎日、
先生の言ったことを一言も
書き漏らさないように一生懸命ノートに取り、
分からないことは全て先生に聞き、
なんとか、
be動詞、一般動詞の文法を理解しました。

 

三単現のsなど、難しいところも
たくさんありましたので、時間は掛かりましたが、
なんとか嫌でたまらなかった丸暗記することで、
英語の授業のペースにやっとのことで
ついて行きました。なりふり構わずという感じで;^^

 

そして、僕にとって、
初めての中間試験を迎えることになります。

 

 

人生で初めてのテストだったので、
一週間前から、ドキドキしながら、
頑張って勉強していました。
難しい文法も死ぬ気で復習し、
他の教科もありましたが、
特に英語に集中して取り組んでいました。

 

なんとなく僕の頭の中で、
ここで英語で躓いてしまうと
一生這い上がれない気がしていたので、
まさに本気でした。

 

その不安と同時に、
「これだけ勉強したから大丈夫だろう」
という自信も湧いてきました。

 

英語は、テスト1日目の1限目でした。
静寂な中、先生が問題と解答用紙 を裏返しで配り始めました。
僕の手元にも届き、
チャイムとともに、「いよいよ人生初の英語試験が始まり」でした。

関連ページ

原因は中学の始めの授業で悪い予感が・・・
理系頭でどんなに頑張っても英語がまったくダメな中学生でした。
はじめの英語の授業で悪い予感が的中しました
はじめの英語の授業で悪い予感が的中しました
始めの予感が意識を決定する?
はじめて学ぶ英語にワクワクきたいしていましたが・・・

トップページ 問い合わせフォーム